您好,欢迎来到深圳市罗吉达科技有限公司
腾讯微博
新浪微博
0755-27801113

0755-27801113

罗吉达咨询热线
新闻资讯
在线咨询
online Serices

Tel:0755-27801113

Fax:0755-27806099

地址:深圳市宝安25区裕安路南侧华丰商务大厦B座323

E-mail:sales@rocketar.com

QQ:1090255220  1300931699

常见问题
您的位置:网站首页>>常见问题
小型白金薄膜温度センサSDT310HCTPを製品化
浏览次数:1873次;发布日期:2013-09-06 13:58:38

国際規格(IEC 60751-2008)に相当の小型白金薄膜温度センサSDT310HCTPを
製品化

要旨

測温抵抗体の国際規格(IEC 60751-2008)に相当の小型白金薄膜温度センサSDT310HCTPを開発しました。

概要

製品名 小型白金薄膜温度センサ
シリーズ名 SDT310HCTP
外形寸法 L=3.0mm、W=1.2mm(リード除く)
抵抗値 100Ω (at 0°C)
温度許容差 F0.15 ±(0.15+0.002│t│)°C ※1
F0.3  ±(0.3 +0.005│t│)°C ※1
量産開始 2013年10月

対象市場、対象アプリケーション

• 熱電対温度調節器の冷接点補償、温度検出プローブ
• 通信機器の送受信回路の温度補償、補正

背景

測温抵抗体の国際規格(IEC 60751-2008)の改定をうけて、日本でも日本電気計測器工業会(JEMIMA)が日本規格(JIS C 1604)の改定を検討しており、2014年には発行される予定です。
IEC 60751-2008での改定では、
• 抵抗温度計(センサ)と抵抗素子(感温素子)を区分して規格化
• 抵抗素子を巻線抵抗素子と薄膜抵抗素子に区別
• クラスの有効温度範囲と許容差の改定
• 自己発熱の規定
など多岐にわたっており、従来の測温抵抗体では対応できない項目もあります。 これらの課題を解決するため、従来製品よりも小型で良好な抵抗値安定性を実現した白金薄膜温度センサSDT310HCTPを開発しました。

PAGE TOP

製品の特長

• 使用温度範囲(-55~+300°C)での良好な抵抗値安定性(低抵抗値変化率)
• 小形パッケージ(1.2×3.0mm)で、熱放散定数と熱時定数を低減

使用温度範囲   F0.15 : ‐55°C~300°C
F0.3 :   ‐55°C~400°C
高温安定性 300°C 1mA通電 1000時間後、抵抗値変化0.06%未満
外形寸法 L=3.0mm、W=1.2mm(リード除く)
熱放散定数 2.3mW/K (大気中)  ※2
熱時定数 2.8s (大気中)  ※2
温度許容差 F0.15 : ±(0.15+0.002│t│)°C ※1
F0.3 : ±(0.3 +0.005│t│)°C ※1
抵抗温度係数(T.C.R.) 3850×10-6/K

※1  │t│は、+・-の記号に無関係な温度°Cで示される測定温度です
※2  実測値であり保証値ではありません

 

上一篇:没有上一篇了         下一篇:Littelfuse推出804系列TE UMF延时超小型保
网站ICP备案号:粤ICP备20004440号-1

Copyright © 2010  All Rights Reserved. 深圳市罗吉达科技有限公司 版权所有

技术支持:牵牛建站 | 中科商务网  | 网站管理